知っておきたい看護師のお金事情

看護師は、給料が高いというイメージを持つ人は多いようです。
専門的な知識と技術を要し、豊富な経験を最大限に活かしながら大切な命と向き合う仕事だからです。
医療現場では、常に強いプレッシャーがあり、その中でミスをすることなくしっかり業務をこなす必要があります。
そのため、高い報酬は当然だといえるでしょう。
しかし、看護師のお金事情は漠然としていて、あまり詳しく知らないという人もいます。
病院には、大きく分けると国立や公立などの公的な病院と、医療法人の民間病院があります。
この2つを比べると、公的な病院の方が年収が大幅に高い傾向にあります。
医療機関は病院だけでなく診療所もあり、これらの平均年収もそれぞれ異なります。
病院の看護師の平均年収は、約450万円から550万円であるのに対し、診療所では約360万円から400万円となっています。
病院と診療所では患者の数も違いますし、業務内容にも差があるので、病院の方が報酬が高くなるのは仕方がないのかもしれません。
看護師の年収は、年齢で差がつくことがほとんどです。
経験を積めば積むほど責任ある立場になるのが普通なので、お金事情も変わってきます。
年齢別の平均年収は、公立病院の場合では20代が約455万円、30代が約551万円となっています。
そして40代が約630万円で、50代が約668万円です。
民間の病院の場合は、20代が約422万円で、30代が約473万円となっています。
さらに40代が約510万円で、50代が約529万円です。
手取りは、年収の80%程度と考えて問題はないため、同年代の一般的な会社員よりも年収は高いといえます。